北朝鮮による日本人拉致問題が解決されない理由。

北朝鮮

1980年1月7日に、北朝鮮による拉致事件を初めて報じたのが産経新聞でした。その拉致事件を初めて報じた元産経新聞社会部記者の阿部雅美氏。拉致取材を40年 追い続けているそうです。

拉致記事

それから17年後の1997年2月3日に、横田めぐみさん拉致事件が産経新聞一面に掲載されました。横田めぐみさんの拉致事件も阿部雅美氏がスクープ。同年、新聞協会賞を受賞していました。

横田めぐみ記事

1977年11月に当時13歳(中学1年)の横田めぐみさんが、学校からの帰宅途中に北朝鮮当局により拉致されました。 拉致されて今年で41年が経ちます。
そして、2018年9月12日 京都「正論」懇話会の第60回講演会で、元産経新聞社会部記者の阿部雅美氏が「拉致取材40年 追い続けた真実と黙殺したメディア」と題して講演しています。
こうして長きにわたり公演や本を出版して活動していました。
—Wikipediaより—
阿部雅美 東京都生まれ。
1972年早稲田大学政経学部卒業、産業経済新聞社に入社。各地で相次いだアベック蒸発事件を日本の公安警察からのリーク情報を元に取材。
産経デジタル代表取締役社長兼CEO。東京都生まれ。産業経済新聞社常務取締役など兼務。
—ここまで—

『RAPT BLOG』の読者の方は、この人物から繋がりが見えてくるのではないかと思います。
北朝鮮と日本は密かに同盟を結んでいて、天皇家が北朝鮮での支配を固めようとしていると『RAPT BLOG』で暴露されています。
そして日本の皇族の血を引いた「横田めぐみ」さんを金正日と結婚させて、自分たちの血族を北朝鮮のトップに立てたりといった、諸々の工作活動を行ってきたというのです。
北朝鮮のトップ「金正恩」は日本の天皇家の血筋であると言うことも明らかにされてます。
こちらの記事に決定的な証拠がありました。 ⇩

北朝鮮のトップ「金正恩」は日本の天皇家の血筋です。

しかも日本は北朝鮮と国交を断絶しているかのように装っていますが、簡単に北朝鮮に行くことが出来ます。
さらに「拉致被害者家族会」は工作員の集まりである可能大であるという疑いがあります。⇩

「北朝鮮による拉致被害者家族連絡会」が被害者ではなく、実は工作員の集まりである可能性について。

「拉致被害者家族会」の横田早紀江さんは、朝鮮王朝最後の李 垠(り ぎん)皇太子に嫁いだ元日本の皇族(梨本宮方子女王)である李 方子(り まさこ)皇太子妃の娘といわれています。 本当に親子のようにそっくりです。
ここまで似ていると否定するほうが怪しくなってしまいますね。

横田早紀江

また横田早紀江さんは、安倍晋三の父の安倍晋太郎ともそっくりで、安倍晋太郎の妹ではないかと噂されています。

横田早紀江と安倍晋太郎

そして系図から横田めぐみさんと金正恩は、親子だということがわかってきました。本当によく似ていますよね。

横田めぐみと金正恩

あまりにそっくりなので「そっくりさんシリーズ①」で使わせていただきました。(笑)
まだご覧になっていない方はこちらをご覧ください。
ただ似ているというだけで決めつけているわけではないのです。
このように調べてくださった『RAPT BLOG』を基に見てきますと、 隠されていたことが次々に明るみに出てきました。
マスコミを使って北朝鮮を危険な国に仕立てて国交断絶させているのも、このような嘘がバレないように隠していると考えた方が辻褄が合います。 私たちは長年ずーっと騙され続けてきたのです。
いつまで経っても北朝鮮拉致問題が解決されないのは、初めから全てが茶番だったからなのです。
今では『RAPT BLOG』で真実を知った読者の方々が、更に調べて素晴らしい発見の真実の情報をTwitterなどで拡散されていますので、次々と隠されていたものが暴かれています。 『RAPT BLOG』の証拠となるものが次々と明らかにされているのです。 マスコミを使ってどんなに嘘をまき散らしても、真実に気付いた人たちをこれ以上騙すことはできないですし、広まるのも時間の問題だと思います。

キム系図
上田家系図

いつまでもこのような茶番劇がまかり通ることがないように、真実の情報を取り入れて健全な世の中で暮らせますように心から願います。