北朝鮮による拉致被害者家族連絡会の正体。

拉致被害者家族会

前回の記事で拉致問題が解決されない理由をお話ししましたが、北朝鮮と拉致被害者家族会の怪しげな関係を『RAPT BLOG』を基に更にご紹介したいと思います。
1978年に北朝鮮に拉致された蓮池 薫は「金日成 政治軍事大学卒」の北朝鮮のスパイで、北朝鮮にいる100人以上の日本人の面倒を見る立場にあるそうです。⇩ 『RAPT BLOG』より

蓮池薫

「北朝鮮による拉致被害者家族連絡会」が被害者ではなく、実は工作員の集まりである可能性について。

 そして彼はなんと、日本人を拉致する工作員だったのです。
『週刊現代』2007年1月6日・13日 合併号でスクープされています。⇩

横田 めぐみさんが金正恩の母親であり、拉致されたとされる蓮池 薫も工作員ということは、やっぱり拉致被害者家族会は、被害者ではないですね。
拉致被害者家族連絡会元副代表の蓮池 透は、元東電社員で原発に関わっていました。原発と拉致の偽装工作をしている、筋金入りの工作員ということもわかってきています。
そして彼はカルト宗教の「生長の家」とズブズブであり、原発利権を守る工作員だったのです。とんでもないペテン師ですね。

—Wikipediaより転載—–
蓮池 透
新潟県立柏崎高等学校、東京理科大学工学部電気工学科卒業後、1977年東京電力入社。
2002年、日本原燃出向。同社燃料製造部副部長。核廃棄物再処理(MOX燃料)プロジェクトを担当。
2006年、東京電力原子燃料サイクル部 部長(サイクル技術担当)。2009年夏に退社。
—ここまで———

蓮池透

カルト宗教「生長の家」とは⇩
Kawataブログより
■日本を蝕む「日本会議」の正体は、カルト宗教・生長の家です。
■日本会議」の本体である「生長の家」は、基本的人権、国民主権、平和主義を全ての国民から奪おうとしています。
■「LGBT」は利権。LGBT推進の犯人はカルト宗教「大本教」・「生長の家」です。
■「日本会議=生長の家」と黒い人脈。全ての悪は「生長の家」に通ずる。
■「JAL123便墜落事故」の真相を闇に葬り、暴利をむさぼった犯人は「生長の家」です。
■カルト宗教団体「生長の家」は「凶悪犯罪」・「詐欺」の巣窟です。
この世のCh.より
■【凶悪カルト生長の家①】悪のカリスマ教祖谷口雅春【RAPTブログより】VOICEROID解説 
■【凶悪カルト生長の家②】日本会議 戦争がやりたくて仕方ない奴ら【RAPT理論】VOICEROID解説 

にしださんのツイートより

このカルト宗教「生長の家」の日本青年協議会のその後継団体の全日本学生文化会議が、拉致被害者救出に取り組んでいるそうです。
自分たちで拉致を演出しておいて、「救出」などと宣っているそうです。

また「金正日」の専属料理人だった「藤本 健二」と拉致被害者家族会は仲が良いようです。

拉致被害者と藤森

日本と北朝鮮は国交断絶しているのに、日本人の料理人を専属料理人にしていたことも違和感を覚えます。 藤本 健二は機密ともいうべきキムファミリーの情報を、メディアに明かしているにも関わらず暗殺されません。そしてマスコミは、藤本 健二の垂れ流す情報を鵜吞みにしてきました。 メディアでは、サングラスと頭には布を巻いて素顔をみせない藤本 健二ですが、再訪朝で金正恩との再会や懇談時の写真が公開された際に、素顔のままの公開されてました。 おかしいと思いませんか ?
でもその謎は『RAPT BLOG』で解けました。それがこちらの記事です。⇩

北朝鮮は天皇のやりたい悪事を代わりに請け負う「代理人」です。

北朝鮮と日本は国交を断絶していることになっていますが、デヴィ夫人やアントニオ猪木など北朝鮮へ何度も普通に行かれています。これも不思議に思っていましたが、 『RAPT BLOG』で納得できました。まだご覧になっていない方は是非ご覧ください。 目からウロコ満載の情報が沢山ありますし、読んだらきっとスッキリすると思います。
対談も視聴できます。⇩

『RAPT BLOG』TALK RADIO