ハロウィンを流行らせたい理由

ハロウィン

もうすぐハロウィンですね。お店のハロウィングッツの特設コーナーも種類が豊富になり、盛り上げています。毎年定着してきているハロウィンですが、起源や由来を『RAPT BLOG』を基にお話ししたいと思います。
毎年10月31日に行われるハロウィンは、秋の収穫を祝い悪霊などを追い出す宗教的な意味合いのある行事で、カボチャの中身をくりぬいて「ジャック・オー・ランタン」を作って飾り、子どもたちが魔女やお化けに仮装して近くの家々を訪れてお菓子をもらったりする風習になっています。
ハロウィンの起源は古代ケルト人が行っていたドルイト信仰の祭りのことです。ドルイト信仰では新年の始まりは11月1日のサウィン祭で、前夜にドルイド祭司たちが火を炊き火の神を崇めます。
ドルイト教は悪魔教だということが『RAPT BLOG』で暴かれましたが、ハロウィンとはドルイト祭祀たちが残酷な生け贄儀式を行なってきたお祭りのことだったのです。ハロウィンに登場するキャラクターがお化けでなのも悪魔に因んでいるからでしょう。
ドルイド僧侶の末裔のイルミナティ(支配層)たちはこのような祭りを私たちに収穫祭で悪霊を追い払うお祭りといって洗脳し祝わせているのです。知らずにハロウィンに参加している人が多いのではないでしょうか。私は、ハロウィンが悪魔を祝うお祭りだということを知り、気持ちが悪いのでハロインは無視しています。
詳しくは『RAPT BLOG』をご覧ください。↓

ハロウィンももともと悪魔崇拝者たちの行う生贄儀式でした。ハロウィンとバアルと秦氏と大正天皇との奇妙なつながり。

—–ここから転載—–
ここ最近は、日本でも「ハロウィン」を盛大にお祝いするようになりました。特にディズニーランドでは10月31日には華やかに「ハロウィン」をお祝いするそうです。

ご存知の方もいらっしゃるかも知れませんが、「ハロウィン」とはもともと古代ケルト人の行っていたお祭りです。

そして、そのお祭りは明らかに「悪魔崇拝」でした。

 「ハロウィン」とは、古代ケルト人たちが行っていた「サウィン祭」、「サムハイン祭」に起源があると言われています。

で、この「サムハイン祭」を執り行っていたのが「ドルイド」と呼ばれる祭祀一族でした。

(以下、こちらから転載)

「サムハイン祭」とは「サウィン (Samhain) 」と書き、本来は古代ケルトで生まれた「ドルイド教」と呼ばれる宗教の暦で、新年の始まりである「冬」の季節の一日目である十一月一日を迎える祭なのです。

ちょうど短い日が新しい年の始まりを示していたように、「サムハイン」は日が長い「夏の終わり」を意味する言葉で、日没は新しい日の始まりを意味していました。

そのため、この十月三十一日は一年の終わりと共に夏の収穫を祝う意味もありました。

そうして始まる「サムハイン際」はドルイドの祭司達が、火を焚き、収穫された作物や動物などを与えてくれた神様に捧げたり、火の周りで踊って、今から太陽の季節(夏)が過ぎ去り、暗闇の季節(冬)が始まった事を示すのです。

そのため、祭典では火が大きな役割を持っていました。

村民達は牛の骨を炎の上に投げ込んで火が燃え上がると、村人達は他の全ての火を消して、各家族は厳粛に、この共通の炎から炉床に火をつけました。

アイルランドでは今でも、世俗的なハロウィンに参加するとともに、伝統的な方法で「サウェン祭」を祝って毎年ハロウィンの夜には何百もの火が点けられている所もあります。

----------------(転載ここまで)

「火」とか「牛の骨」とか、どこかで聞いたことがあるようなキーワードがいくつも出てきましたね。

そうです。この「ドルイド教」は明らかに「ゾロアスター教」や「バアル(牛頭神)」などと共通点があります。しかし、これについてはまた後ほどお話します。

先ずはこの「ドルイド」と呼ばれる人たちが、どんな人たちだったのかを見てみましょう。

----------------(以下、こちらから転載)

本日はそのケルトで祭事を始めとして、多くの役割を担っていた「ドルイド」について紹介したいと思います。

スピリチュアルな世界では、ドルイドというと祭祀(さいし)を行ったり、呪術を使ったりしている人…というイメージが強いのですが、実はドルイドの仕事というのはかなり幅広く、天文学や医学、さらには政治的な指導をしたり、争いごとの調停までしていたと言われているのです。

現在の仕事にするとヒーラー兼占い師兼天文学者兼医者兼政治家兼裁判官兼弁護士といった感じでしょうか? 

ドルイドという名前は「Daru-vid」から来ており、Daru が「樫の木」を、vid が「知識」をあらわすことから、「樫の木の賢者」とも言われていますが、ドルイドが行っていた多くの役割を見ると、賢者と呼ばれるのも納得できます。

それだけの知識があったためか、ドルイドは非常に強い権力を持っており、多くの人たちの憧れだったそうです。しかしながら、ドルイドになるためには最低でも 10年以上はかかる長い修行が必要なだけでなく、適正が無い者はすぐに家へ帰されたと言われていますので、とても狭き門だったのです。

ドルイドは森や植物を特に重要視しており、樫の木の下で儀式を行ったりしていたので、ドルイドの神殿は森自体だったという説もあるほどですが、以前にも紹介したようにヤドリギは、そんな植物の中でも特に重要なシンボルだと考えていました。

森や木々を重要視するというのは、日本人的な感覚に近く、その宗教観も魂が転生したり、因果応報があったりと、比較的馴染みやすいものが多いのですが、そんな森と調和した癒しに溢れた雰囲気のドルイドにも怖い面は存在しています。

それは生贄(いけにえ)の儀式。ドルイドはいくつかの儀式で生贄を捧げたり、敵の首を切り落としたりするなども行っていたといわれています。

ドルイドの生贄の儀式は、犠牲者をじわじわと殺していくようなものが多く、生贄が倒れたときの姿勢や、こぼれた血の量などで吉凶を判断したとされています。

ドルイドの生贄の儀式で最も有名なものが「ウィッカーマン」と呼ばれるもの。これは、木で作られた巨大な人形の檻の中に、多くの犠牲者を詰め込んだ上で火にかけるというもの。そのインパクトある姿は2度も映画の題材にされるほどでした。


すでにドルイドとその信仰はほとんど失われてしまっていますが、ケルトの神秘的な知識はスピリチュアルな人の間では多く伝えられ、森や木々といった大自然のエネルギーを扱うことから好まれていますが、その裏には、非常に原始的な儀式も行われていたことを忘れてはいけないと思います。

ケルトの聖地などを訪れた際はそういったことにも少し注意を向けてみると、新しい何かが見えてくるかも知れませんよ。

----------------(転載ここまで)

はい。出ました。このように「ドルイド」とは、生贄儀式を行うカルト集団だったというわけです。ちなみに、「ウィッカーマン」とは以下のようなものです。

ウィッカーマン

このように人間の形をした檻をつくり、その中に沢山の人を詰め込んで火をつけて焼き殺し、悪魔の生贄として捧げていたわけですね。とても人間のやることとは思えません。

さらに、「サムハイン祭」では「火」が大々的に使われるわけですが、その理由はやはり「ドルイド」たちが「火の神」を崇めていたからです。
—–転載はここまで—–

こちらでも詳しく説明されています。非人道的なおぞましい儀式にショックを隠し切れないですが、悪魔を本気で拝んでいるから、こういう残酷なことが平気で出来てしまうのです。⇩

ハロウィーンの起源 // ドルイド教の残酷な生贄儀式

ドルイド教の神官の末裔ロスチャイルド主催の趣味の悪いハロウィンパーティーの様子。今でもハロウィンで子供たちが生贄にされていると噂されています。⇩

古代ケルトのドルメンも日本の神社も同じドルイド教の生け贄儀式の祭儀場でした。

『KAWATAのブログ』より↓

「ハロウィン」は今も昔も生贄儀式であり、「ウォルト・ディズニー」によって普及されました。

ハロウィンを流行らせてきたのはディズニーでした。 ディズニーはロスチャイルド系企業です。 日本でハロウィンが流行り出したきっかけはディズニーランドだったそうです。こうやって子供達を洗脳して広めてきたのです。知らずに悪魔を祝う行事に参加させられているというわけです。このような悪魔を喜ばせる行為はこの世の中が悪の力に支配されるということなのです。邪悪なお祭りを意図的に浸透させようとしているイルミナティたちが、いつまでも支配し続けようとしているのです。悪魔を拝む人たちがいなくなれば悪の力が無くなります。真実を知り参加する人がいなければ、イルミナティは力を失います。
『RAPT BLOG』で真実を知り、イルミナティの支配から抜け出し、本物の神様を知って善を行って生きるならこの世に善の力が働きます。イルミナティの提供する娯楽に目を向けることなく真に幸せに生きれる方法を『RAPT BLOG』で知ることが出来るのです。⇩

『RAPT BLOG』TALK RADIO