恐ろしいワクチンの真実

インフルエンザ予防接種

色々問題の多いワクチンですが、どのワクチンもあまり効果がないと言われています。それどころか副作用がでるケースがあります。
今回はワクチンの正体とその目的が暴露されていましたのでお話ししたいと思います。
ワクチンは薬事法上の劇薬で、有害であることがわかってきました。
内海聡医師はワクチンはすべて生物兵器だとはっきりと断言しています。恐ろしいですね、生物兵器って殺人兵器ということでしょうか。
インフルエンザワクチンはインフルエンザより危険だそうです。厚生労働省もインフルエンザワクチンが効かないことを認めていました。確かにインフルエンザワクチンを打った人がインフルエンザにかかるケースがあります。予防の意味がないし、おかしいなって思っていました。
母里啓子医師はインフルエンザはドル箱で、検査で儲け、予防接種で儲け、薬で儲けていると言っています。一番いらないワクチンだそうです。 詳しくはこちらから
こんな仕組みが出来上がっていたなんて金儲けしか考えてない様子ですね。
私たちは医療ビジネスの巨大な医療利権に騙されているということだったのです。
日本はインフルエンザ治療薬としてタミフルを全世界の70%消費している異常事態が起こっています。
このタミフルの服用後に異常行動をとり、事故死していた例が報告されていましたが、副作用の強い危険な薬だということです。
それからエボラワクチンも投与した人のみがエボラに感染する仕組みということが
『RAPT BLOG』で証明されています。⇩

エボラワクチンは殺人兵器。投与した人のみがエボラに感染する仕組みです。

RAPT×読者対談〈第32弾〉波動ブームに対する警鐘。またはワクチンと大麻と気と健康について。

船瀬俊介のワクチンの罠
船瀬俊介先生『ワクチンの罠から子どもを救え!効果がないどころか超有害!』 統合医学を開く講演&実践塾/ワールドフォーラム2014年5月

船瀬俊介 はワクチンは効果がないどころか超有害と話しています。
このようなことを暴露している船瀬俊介や内海聡医師も 陰の世界政府(カルト宗教) イルミナティに取り込まれていることが『RAPT BLOG』で明らかになっています。反対勢力としてシナリオ通りに暴露しているだけで、闇の勢力が何なのかははっきり話していません。
船瀬俊介や内海聡医師はカルト宗教生長の家の思想を 広めていて肉で早死にするとか、砂糖は神経毒とか嘘をついています。⇩

そしてビル・ゲイツの講演の動画で闇の勢力が何なのかはっきりと理解できると思います。
ビル・ゲイツはイルミナティで、ワクチンによる人口削減を推進しています。衝撃的な話に驚愕してしまいましたが、彼はこれを本気で行っている闇の勢力の悪魔崇拝者なのです。マイクロソフトを辞めて ビル&メリンダ・ゲイツ財団 を設立し、善意を装って殺人兵器のワクチンで人工削減するという悪を行っているのです。
イルミナティ人口削減を行っているということは、陰謀論者たちの間では常識となっています。この話の決定的証拠がこちらの動画です。⇩

『RAPT BLOG』より⇩

軽井沢の「ビル・ゲイツの別荘」は悪魔崇拝のための宗教施設である可能性大。

ビル・ゲイツ 「ワクチンで人口削減が可能」

『RAPT BLOG』より⇩

ビル・ゲイツが巨万の富を得たのは、JAL123便が墜落したお陰である。

ビル&メリンダ・ゲイツ財団は 2000年1月にGAVIアライアンス を 設立しました。
NllD国立感染症研究所 より⇩
ここから転載——
Gavi, The Vaccine Alliance(Gavi)は, 2000年に開催された世界経済フォーラムの年次総会(ダボス会議)で発足したグローバル・パートナーシップ機関である。予防接種を受ける機会がないため予防可能な感染症によって命を落とす子供たちが多くいる低所得国と, 予防接種支援のための出資国, 世界保健機関(WHO), 国際児童基金(UNICEF), 世界銀行, ビル&メリンダ・ゲイツ財団, ワクチン業界, 研究・技術機関や市民社会団体等をひとつに結びつけることで, 子供たちが予防接種を受ける権利の公平性を高め, 世界のワクチンギャップを改善することを目指した活動を行っている。
2011年以降, 日本はGaviにおける重要な出資国であり, Gaviが支援する73の低所得国で実施されている予防接種と保健システム強化プログラム等に対し, Gaviは2016年までに日本から7,270万米ドルの出資を受けてきた。また, 2020年までに日本から受ける出資金は累計1億4,830万米ドルとなる見込みであり, これは2000年の設立以降, Gaviが受け取ることとなる出資金の累計総額211億米ドルの0.71%に相当する。
Gaviの予防接種支援プログラムでは, 古くからある麻疹等のワクチンから, Gavi設立以降に利用可能となったHPVや肺炎球菌等の新たなワクチンまで, 合計11のワクチンが用いられ, 各ワクチンのプログラムに合わせて, 定期接種の導入, 定期接種導入後のフォローアップキャンペーン, 定期接種導入前や感染症が流行した際のキャッチアップキャンペーン等の支援が行われている。その他, 既存のワクチン以外に関しても, 必要なワクチンの開発を促進するため, エボラワクチンの開発企業との事前買取協定も締結している。
—–転載はここまで—–

このように色々なワクチンを開発し、予防といって接種させているのです。全てのワクチンが有害でただの毒なのです。絶対打ってはいけないものだったのです。

世界の億万長者ビル・ゲイツがアメリカの社会を破壊している現状について。

更にこちらの対談でワクチンがただの毒だったことが、はっきり証明されました。⇩

RAPT×読者対談113 ワクチンも薬もただの毒。論より証拠。

RAPT×読者対談〈第113弾〉ワクチンも薬もただの毒。論より証拠。

予防接種は止めなければならない最大の公共事業 @愛知サマーセミナー

このようなイルミナティ(悪魔崇拝者)たちの計画に振り回されないためにも『RAPT BLOG』で真実を知ることが命を守ることになります。
TALK RADIOがお薦めです。⇩

『RAPT BLOG』のTALK RADIO